各   位

 会社名     日本電産株式会社
 代表者名   代表取締役会長兼社長 永守 重信
 取引所  東証一部(6594)
 問合せ先  広報宣伝部長   生島   志朗
 TEL  (075) 935-6150

 

ドイツ コンプレッサーメーカー セコップグループ(Secop Holding GmbH 等4社)
の株式及び貸付債権取得完了と新子会社概要 

日本電産株式会社(以下、「当社」)は平成29年8月1日(ドイツ現地時間:7月31日)に、オーレリアス社(AURELIUS Equity Opportunities SE & Co KGaA)の保有するセコップポートフォリオ管理会社 (Secop Beteilligungs GmbH)からセコップホールディング社(Secop Holding GmbH)、セコップスロバキア社(Secop s.r.o.)、セコップコンプレッサー天津社(Secop Compressors (Tianjin) Co. Ltd.)、セコップ米国社(Secop Inc.)の 4 社(以下、併せて「セコップ」)の株式 100%及びセコップ各社に対する貸付債権の取得(以下、「本件取引」)を完了致しました。
買収を完了した4社はその関係会社を含め、当社の子会社となりましたので、そのうちの主要子会社概要についてお知らせ致します。

1.主要な子会社概要
①社名の変更

 所在地  旧会社名  新会社名(予定)
 ドイツ、
 フレンスブルク

  セコップホールディング社
(Secop Holding GmbH)

 日本電産グローバル・アプライアンス・
 コンプレッサー社
 Nidec Global Appliance Compressors
 ドイツ、
 フレンスブルク

  セコップドイツ社
(Secop GmbH)

 日本電産グローバル・アプライアンス・
 ドイツ社
 Nidec Global Appliance Germany
 スロバキア、
 ズラーテ モラフチェ

  セコップスロバキア社
(Secop s.r.o.)

 日本電産グローバル・アプライアンス・
 スロバキア社
 Nidec Global Appliance Slovakia
 中国
 天津

  セコップコンプレッサー天津社  
(Secop Compressors (Tianjin)
  Co. Ltd.)
  日本電産グローバル・アプライアンス・
  天津社
  Nidec Global Appliance Tianjin
 米国、
 ジョージア州
 ロズウェル
  セコップ米国社 (Secop Inc.)


 日本電産グローバル・アプライアンス・
 米国社
 Nidec Global Appliance USA
 オーストリア
 フュルステンフェルト  
 
   セコップオーストリア社
(Secop Austria GmbH)
 
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 オーストリア社
 Nidec Global Appliance Austria

 

②会社出資形態

会社出資形態

 

③新任役員 

新会社名(予定) 
 新任役員
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 コンプレッサー社
 取締役兼 CEO バルター・タランザーノ
 取締役 カチア・ドルジアン
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 ドイツ社


 取締役兼 CEO バルター・タランザーノ
 取締役兼 CEO モーゲンス・ソホルム・ベネットセン  
 取締役 カチア・ドルジアン
 取締役 ウド・ゲハルト・ヘスカンプ
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 スロバキア社
 取締役 バルター・タランザーノ
 取締役 アルベルト・ジェンティーレ
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 天津社





 取締役会長 刘树静
 取締役 モーゲンス・ソホルム・ベネットセン
 取締役 バルター・タランザーノ
 取締役 王福利
 監査役 路岭
 監査役 ウド・ゲハルト・ヘスカンプ
 監査役 カチア・ドルジアン
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 米国社
 取締役 ウド・ゲハルト・ヘスカンプ
 取締役 カチア・ドルジアン
 日本電産グローバル・アプライアンス・
 オーストリア社

 取締役 アルベルト・ジェンティーレ
 取締役 ルドルフ・マース
 取締役 アストリッド・ロイス

 

2. 本件取引の目的および今後の運営方針
当社は、家電・商業・産業用モータ事業を戦略的に重要な事業の一つと位置づけ、成長、強化に努めて参りました。かかる戦略的方針の下、家電用モータ事業に関しては、平成22年1月に買収した日本電産ソーレモータ、平成22年9月に買収した日本電産モータの家電事業を軸に家電産業事業本部にグローバルアプライアンス部門を設置し、昨年5月にはANA IMEP S.A.(現:日本電産モータルーマニア)を買収致しました。グローバルアプライアンス部門は欧州に3拠点、中国・メキシコに1拠点を有しております。
グローバルアプライアンス部門は主に洗濯機・乾燥機・食洗機といった所謂水回り家電向けモータが中心でしたが、セコップは家庭用・商業用冷蔵庫のコンプレッサー事業を営んでおり、本件取引により、同部門は売上高の飛躍的な成長機会が期待できる冷蔵庫市場に本格的に参入致します。同時に、冷蔵庫用コンプレッサーという新たな製品ポートフォリオが加わります。
セコップ及び当社が保有する技術力、ブランド力、優良な顧客基盤の融合により、当社グループの成長を更に加速させ、中期戦略目標である2020年度売上高2兆円の達成に貢献するものと確信しております。

3. 今期の業績に与える影響
今期の業績に与える影響につきましては、詳細が確定次第、東京証券取引所における開示原則に基づき適切に公表致します。

 

 

以 上