編集方針

日本電産グループは、グローバルにビジネスを展開する企業としての社会的責任(CSR)を果たし、持続可能な開発(sustainable development)を事業活動に統合することを重要な経営課題としています。社会的責任を果たす上では、当社グループのステークホルダー(主として顧客、取引先、地域社会、社員、株主、そして地球環境)との対話及び連携・協働は不可欠です。その一環として、2004年から毎年、当社グループのCSRの考え方や取り組みの成果・課題をお伝えする報告書を発行しています。ウェブサイト上のCSR情報ページに加え、冊子形式のダイジェスト版もご利用ください。 ※ご意見やご質問は、お問い合わせフォームからお寄せください。


報告対象範囲

日本電産株式会社、日本電産サンキョー株式会社、日本電産エレシス株式会社、日本電産テクノモータ株式会社、日本電産トーソク株式会社、日本電産コパル電子株式会社、日本電産シンポ株式会社、日本電産コパル株式会社、日本電産サーボ株式会社、日本電産セイミツ株式会社、日本電産リード株式会社、日本電産マシナリー株式会社、日本電産グローバルサービス株式会社の各本社、国内外研究開発拠点及び生産拠点を中心に報告しています。
「社員とのかかわり」に記載された情報は日本電産株式会社を中心に報告しています。


参考にしたガイドライン

・環境省「環境報告ガイドライン2012年版」

・GRI「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン(第4版)」


報告対象期間

2016年度(2016年4月~2017年3月)

※包括的なご理解に必要な範囲で、過去からの取り組みや直近の活動に関する情報も掲載しています。

※過去の報告書は、年度別アーカイブをご覧ください。


発行時期

2017年6月(前回発行は2016年6月、次回発行予定は2018年6月)

※「ニュース」欄内の情報は適宜更新します。


作成部門

日本電産株式会社 CSR推進室