E/環境

環境第五次中期計画

環境保全活動 第五次中期計画の概要

当社は、2004年度以降3年ごとに中期計画を策定・推進しており、現在は2016年度~2018年度を対象期間とする第五次中期計画の達成に向けて取り組んでいます。①環境マネジメント活動、②事業による環境負荷低減、③製品による環境貢献、④自然環境保全、の4領域において目標を設定し、その達成に向けた活動を着実に推進しています。

項目 環境保全活動 第五次中期計画(2016〜2018年度)
3カ年目標 2016年度実績
環境マネジメント活動 ISO14001並びにEICC監査に基づく環境マネジメントシステムの運用を、連結売上高ベース80%の事業所で実施。(環境管理領域の拡大) ■ISO14001およびISO9001の取得/更新により、国内外事業所の品質・環境管理レベルを向上。
また、取得/更新に際して、国内事業所の認証機関を統一(継続)
※ISOやOHSASの取得状況はこちら
事業による
環境負荷低減
環境負荷低減4項目:温室効果ガス(CO2)、電力、水、廃棄物。
非生産・生産ともに原単位表示で3カ年(2016〜2018年度)平均負荷を、2015年度比3%削減。
※原単位:非生産事業所は社員1人あたり、生産事業所は売上高1千USドルあたり。
温室効果ガス(CO2
■非生産:原単位表示で2015年度基準比8.5%削減
■生産:原単位表示で2015年度基準比3.1%削減

電力
■非生産:原単位表示で2015年度基準比8.5%削減
■生産:原単位表示で2015年度基準比0.2%削減


■非生産:原単位表示で2015年度基準比14.3%削減
■生産:原単位表示で2015年度基準比7.6%削減

廃棄物
■非生産:原単位表示で2015年度基準比25.3%削減
■生産:原単位表示で2015年度基準比0.4%増加
製品による環境貢献 環境貢献量の定量化に向けた算定方針の策定、算定方法の確立、関連データの収集。 環境配慮型製品のCO2削減貢献量を総量ベースで算出する仕組みを構築中。
自然環境保全 ■外部団体との協同による生物多様性保全の推進。(森林整備、植林など)
■地域社会における環境教育支援。(小学生への環境授業など)
■森林整備・植林をはじめ、生物多様性保全に貢献するボランティアを実施。タイでは、マングローブを植樹。2016年度は328名の参加者により、計1,350本を植樹
■日本で9回、小学生向け環境授業を実施
※環境コミュニケーション活動などのニュースはこちら

環境保全活動中期計画 対象事業所数

第四次中期計画の対象範囲は、日本電産本体およびその海外生産事業所、そしてM&Aにより日本電産にグループ入りした子会社のうち日本に本部機能を持つ子会社としていました。第五次中期計画では第四次の対象範囲に、海外に本部機能を持つ子会社を順次追加していく計画です。2016年度の対象事業所数は、生産事業所76、非生産事業所15となりました。なお、第五次では、基準年度である2015年度時点において当社グループに属していたグループ会社を対象としています。

環境保全活動中期計画 対象事業所数

モニタリングとレビュー

事業による環境負荷低減の重点項目<温室効果ガス(CO2)、電力、水、廃棄物>のうち、目標未達成の可能性がある項目については、重点的にモニタリングとレビューを実施しています。通常は集計・チェックを半期ごとに実施していますが、未達成リスクのある項目については四半期ごとに実施し、中期計画の目標達成を目指しています。

環境パフォーマンス