当社は2018年1月22日にブルームバーグ社が発表した「2018年男女平等指数」(以下、GEI)に選定されました。

近年、企業のE(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)情報を投資判断に組み入れるESG投資が広がってきています。投資家ニーズの変化を背景として、ブルームバーグ社は企業の男女平等に焦点を当てGEIを開発しました。同社では、先に⾦融機関を対象とした「ブルームバーグ⾦融サービス企業男女平等指数(BFGEI)」を選定していますが、今回新たに発表したGEIでは全業種を対象とし、当社も対象となりました。企業の男女平等に向けた活動方針や取り組みを情報開示面や実績面から評価したうえで一定基準を満たす銘柄でGEIを構成することとしており、24ヶ国・地域から当社を含む104社を選定しています。

当社は、2016年度に CSRビジョン2020 を策定し、E(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)それぞれの分野から重点課題8つを特定しました。「ダイバーシティ」はその重点課題の1つであり、2020年度に女性が男性と同程度に指導的地位にいる状態を目指しています。2017年4月には「女性活躍推進室」を発足させ、制度補完と社員のキャリア形成に寄与する仕組みを策定するなど、様々な取り組みを行っています。

今後も、当社は女性活躍を含むダイバーシティ推進を積極的に行い、多様な人材が個々の能力を発揮できるように職場環境の整備に努めていきます。

  

 

ブルームバーグ社によるリリース記事はこちら(英文)
(日本語訳はこちらからご覧いただけます。)

当社の「CSRビジョン2020」に関してはこちら
当社の「女性活躍推進室」に関してはこちら