モータとは

モータの歴史

日本の技術・産業とNidecの歩み

一般 西暦 学術・社会還元・広報
無線通信機用発電機製造開始 山洋商会
(現山洋電気)
1932
軍事・通信電源用回転機から民需への転換開始 山洋電気 1945
「東洋電動機株式会社」として設立,3年後に現在の社名に変更 オリエンタルモーター 1950
山洋電気に日本最初の二相サーボモータ開発を依頼 電気試験所 1952
工作機械用VR型ステッピングモータをシリーズ化 富士通 1960
VR型ステッピングモータ開発 山洋電気
(株)桐生英工舎を引き継ぎ設立 日本サーボ
(現日本電産サーボ)
紡績機からの転換を図るためにTEAC向け小型モータの製造を決定,後にソニー向けにも発展 信濃絹糸紡績
(現シナノケンシ)
1962
ブラシレスモータ現れ揺籃期の日本の小型モータ関係者が大きな影響を受ける ドイツ 1965
宇宙船,月面軟着陸:江川克己氏が設計したステッピングモータが月面映像取り込み装置に利用された。 アメリカ 1966
ハイブリッド型ステッピングモータを商品化 山洋電気 1968
IBMからステッピングモータを受注,情報機器用精密モータのエポックメーキングとなる 山洋電気 1970
Kuo:Symposium on Incremental Motion Control Systems and Devices開始 アメリカ 1972
日本電産株式会社を創業 永守重信 1973
ファン事業に本格参入 NIDEC 1978
8インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC 1979
楔形超音波モータを発明 指田 1980
Motortech Japan シンポジウム開始 見城/JMA 1981
5.25インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC
進行波型超音波モータを発明 指田 1982
佐川眞人氏 ネオジウム磁石発明 住友特殊金属
(現NEOMAX)
『小型モータ技術展』をスタート 見城/JMA 1983
3.5インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC 1984
    1985
    1987
2.5インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC 1988
    1989
    1990
1.8インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC 1992
1.3インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC
流体動圧軸受(FDB)を採用した世界初の1.8インチHDD用スピンドルモータを出荷 NIDEC 1994
    1997
1.0インチHDD用スピンドルモータの生産開始 NIDEC 1998
リニアモーターカー実験線で時速500kmを超える JR 1999
パワーステアリング用モータ(車載用モータ)の生産開始 NIDEC 2000
FDBモータの本格量産を開始 NIDEC
    2001
中央開発技術研究所を開設 NIDEC 2003
『RMベアリング(焼結ベアリング)』が日刊工業新聞社モノづくり部品大賞を受賞 NIDEC
モーター基礎研究所設立 NIDEC 2005
    2006
ラジコン電動グライダー(F5B)日本選手権NIDECモーターが初出場で優勝・準優勝・3位と上位独占 NIDEC 2007
    2008
    2009
RC電動グライダー第13回世界選手権でNIDECモータを搭載したグライダーが優勝 NIDEC 2010
    2011
モーター基礎技術研究所設立 NIDEC 2012