研究開発への取り組み

日本電産の研究開発への取り組みについて紹介しています。

革新モータの基礎技術

高トルク密度化、低騒音・低振動化など、革新的モータ開発のための基礎技術を研究しています。

マイコン内蔵
インテリジェントモータの開発

高精度サーボ・最大効率運転・超高速運転・ソフトスタート・オーバーロード監視・振動抑制など、モータ制御に関わる数々の課題を解決しています。

SiC搭載インバータ
一体型SRモータシステム

SiC半導体素子を搭載したインバータを開発することで、EVやHEVのモータシステムの低消費電力化、トルクを維持したままの騒音・振動の低減化の実現が可能になります。

ラピッドプロトタイピング

研究開発期間・プロセスの短縮、コスト削減に寄与し、顧客ニーズを上回る迅速な研究開発を加速させます。