ENTRY

INTERVIEW

01
省エネ家電の良き選択肢となるために
技術者としての現在地を知り
終わりのない開発に、挑み続ける。

T・U/開発

02
ものづくり観を変えた
「0点」と「海外駐在」。
目指すは「No.1サプライヤー」

K・I/日本電産(大連)有限公司 管理責任者

03
知識と経験の幅を広げ
時代のニーズに付加価値をつける
新たなマストアイテムを。

Y・I/設計開発

04
グローバルな事業拡大に向け
ビジョンを持って挑戦し続ける
基盤システムの構築。

T・I/情報システム

05
世界的にも胎動期のIPS。
新たなビジネスモデルを構築し
「日本電産のIoT」が始動。

L・H/営業

06
「有事」に備える「平時」の大切さ。
より良いワークライフバランスと
自分らしいパフォーマンスを、これからも。

N・T/リスク管理

07
「メーカーの知財」として
フェアなビジネスを守る
権利形成と契約を。

S・O/知的財産

08
次世代の技術が
生まれる研究所で、
「研究」と「マネジメント」に挑戦。

M・I/研究開発

09
Nidec Wayで
成長し続ける日本電産にふさわしい
「より良い仕組み」を。

Y・Y/総務

10
社内の問題は、社内で解決する。
全社員が参加する親睦会は
「社員が主役」のプロジェクトです。

M・K/IR(親睦会本部副会長)

11
社内の問題は、社内で解決する。
全社員が参加する親睦会は
「社員が主役」のプロジェクトです。

T・T/事業開発(親睦会本部親睦委員)

12
社員もお客様も日本電産も
みんなが笑顔になれる
「流れ」を創りだす。

T・N/生産技術

13
アクティブな女性の活躍
×スピーディな働き方
100年続く「日本電産」へ

K・N/経理

14
ワーキングマザーも
責任あるポストで活躍できる、
ジェンダーレスでボーダーレスな環境。

S・U/購買

15
勢いとパワーを持った
「当たり前のものづくり」が
できるルールを、グローバルに。

M・S/品質管理

16
価値観もものづくり基盤も
グループが「一つ」になる
新たな成長の未来図を描き出す。

H・I/生産戦略

17
グループ全体からの要望を
しっかりと聞き、
良い意味での「御用聞きになる」

T・S/生産技術(研究開発)

ENTRY