日本電産株式会社 Nidec Recruiting 2020

成長し続ける会社で、成長し続けよう。

日本電産は、世界No.1の総合モーターメーカー

  • 世界一の総合モーターメーカー 日本電産は、世界中にグループ企業約240社を擁する「世界No.1の総合モーターメーカー」です。1973年の創業から「世界初」、「世界最小」といった他社には真似のできない製品を次々と世に送り出し続けており、世界各地のあらゆるニーズに応え続けています。
  • モーターは何に使われている? パソコンやスマートフォンの他、家電・AV機器、OA機器、健康医療、産業機器、乗り物・ロボット―。私たちの身の回りでは、非常に多くの日本電産製品が活躍しています。また現在は、周辺製品・応用製品にまで製品領域を拡大しており、活躍の舞台は大きく広がっています。特に近年では車載用モーターの需要が大きく伸びており、大きなシェアを獲得しています。さらに“モーターの固まり”と言われているロボット分野においては、日本電産の製品はなくてはならいないパーツとして大活躍をしています。
  • B to B企業 日本電産のお客さまは、最終製品をつくっているメーカーが大半を占めています。なので、みなさんが日常を過ごしている中では日本電産という名前をあまり聞いたことは無いかも知れませんが、実は産業界では知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名なのです。あらゆる業界のあらゆる大手企業が日本電産のお客さま、当然この中にはみなさんがよく知っている企業もたくさんあります。

技術革新で未来をつくる 創業以来、たゆまぬ努力で技術革新を繰り返し、世の中・お客さまの「こんなモーターが欲しい」に応え続けてきました。また、2014年1月には基礎技術研究所を神奈川県川崎市にオープン。300名を超える研究者が、次世代のモーターとその周辺技術、そして日本電産の未来をつくるための研究を進めています。さらに2015年10月には、生産技術研究所が開設され、近い将来には京都府内に新棟の建設が予定されています。基礎研究・生産技術研究ともに、世界最高レベルの研究開発体制が整っている日本電産では、技術者たちがその腕と技術を磨き続けることができるのです。

日本電産は、こんな会社

10兆円企業へ 驚異的スピードで成長を続けている日本電産は、2014年度の決算で売上高1兆円を達成。その年の株主総会では2030年に売上高10兆円を達成する決意を表明。決して現状に甘んじない、会社も社員も高い成長意欲を持つ会社です。また、柔軟なビジネスポートフォリオを組むことで、特定の業界の景気に左右されない、強い経営基盤を作り上げています。 M&A戦略 日本電産の驚異的な成長を支えているものの一つがM&A。その指針としてあるのは『買収は「回るもの、動くもの」を扱う企業に特化し、技術・販路を育てあげるために要する「時間を買う」』という考え方。自社の技術や販路とのシナジー効果が、その成長のスピードを加速させています。

グローバル展開 創業翌年からアメリカへ進出するなど、日本電産は早くから強いグローバルマーケット志向を持っていました。そのアメリカでの成功を皮切りに世界各国へ製品を輸出し、研究・開発・営業の拠点も配置。日本、そして日本電産が誇る高い技術力を世界で示し、グローバルマーケットでの存在感を、より一層高めています。また社員を積極的に海外へ派遣しており 「世界で活躍・成長したい」と考えている方には、最高の環境と言えるでしょう。

企業理念 日本電産と社員の成長の根源にあるのが企業理念。日本電産社員の成長への強い意志はここから生まれています。特に創業者で現・代表取締役会長兼社長の永守重信は、強いリーダーシップと人を大切にする姿勢を貫き通すことで、日本電産の成長を今も支えており、社員はもちろん、日本を代表する多くの経営者からも慕われています。

日本電産で働くということ

成長し続ける会社で、成長し続けよう。

日本電産は創業40年で世界一のモーターメーカーに成長した会社です。その原動力は、社員。もっと言えば、人間の成長する力を信じ続けた結果です。これまでリストラは一度もしたことがありません。社訓は「すぐやる。必ずやる。できるまでやる。」人間は失敗や挫折を経験しながら学ぶことができる生き物だからこそ、ぐずぐず悩む前にすぐやる。夢は実現するためにあると本気で信じているからこそ、やりたいことは必ずやる。そして、自分で決めたからには、できるまでやる。日本電産という会社もそうしてここまでやってきました。でも、まだまだ成長途上。売上1兆円でもベンチャースピリッツは失いません。最先端モーター技術から生まれる未来は、限りない可能性にあふれています。そして、成長し続ける会社には、社員が成長するチャンスがあふれています。さあ、成長し続ける人生を。私たちと一緒に世界を、自分自身を驚かしてみませんか。

  • ENTRY

© 2020 NIDEC CORPORATION