日本電産に入社を決めた理由

私は入社に先立って、改めて日本電産について調べたところ、企業としての成長性を再認識し、将来へのビジョンが明確であることが実感できました。また、モータ業界においてトップシェアである部分にも魅力を感じていました。私自身、努力なくしてトップを目指すことは難しいという考えを持っていたため、若手の時代から、海外等で様々なことにチャレンジできる環境に身をおける日本電産への入社を決めました。

現在の仕事内容

現在は知的財産部に所属し、国内外問わず日本電産グループで生まれる発明の「他社特許リスク調査」、「発明発掘業務」、「特許権利化業務」を担当しています。他社特許リスク調査というのは、日本電産グループの技術が他社特許を侵害していないか調査を行います。発明発掘業務は、技術者から製品の開発ストーリーを聞き発明の深掘りを行う業務です。また、他社が出願している特許を分析し、他社の技術動向を技術者と確認しながら自社の強みを発明として具体化していきます。また、特許権利化業務は、技術者と特許事務所を橋渡しする役割と特許庁とのやり取りをする役割を担っています。この業務では発明をわかりやすく伝える事が重要となります。

ここが仕事の面白さ

日本電産グループの成長に伴い、新市場への参入が必要になっています。新市場への参入では、日本電産グループが会社の垣根を越えて一致団結し新たな技術を生み出していきます。グループ各社の技術者とブレインストーミングを行いながら、新たな技術を発明として具体化していく業務が一番面白い部分です。技術者と活発な議論をするために他社技術動向を分析し、日本電産グループがどの国で特許を所有すべきか等の戦略を検討することも面白さの1つです。さらに、利益に変えるための活用を経営層などに提案する業務もとてもやりがいを感じます。

 

自分の成長を実感した瞬間は?

次世代技術を検討する会議があるのですが、そこではどのように特許を取得していけば他社の参入を阻止して、市場での優位性を担保できるかなどの戦略を自分なりに分析し、考え、解決方法を提案します。提案が認められるまで何度も挑戦し続けること自体が成長と思いますが、やはり提案が通った時はうれしいですし、成長を実感できる瞬間です。

こんな人と一緒に働きたい

知財財産部には、文系出身の人も理系出身の人もいます。文系出身の人であれば技術に関する内容を入社後学んでいきますし、理系出身の人であれば法律に関する内容を学びます。どちらの場合であっても、ゼロからのスタートです。そのため、新しいことに対して積極的にチャレンジし、学んでいける人と働ければと考えています。

学生のうちにこれはやっておこう

日本電産では、誰にでもステップアップのチャンスはありますが、英語ができる人とできない人では、できる人の方がチャンスが圧倒的に多いと思います。そのため、学生時代に英語への抵抗が無くなるように勉強や旅行をしておくと良いと思います。

社員一覧