2011 年 10 月 5 日
日本電産株式会社
日本電産総合サービス株式会社

e-Learning&Mobile Learningで中国語を学習
ビジネス中国語の教材を企画・販売

日本電産株式会社のグループ会社である日本電産総合サービス株式会社(以下、日本電産総合サービス)はこのたび、自宅や会社のパソコンで学習する「e-Learning」に、移動中はスマートフォンでの学習が可能な「Mobile Learning」を組合せた『Blended Learning』という新しい学習システムを利用した「ビジネス中国語」教材の販売を、10月より開始致しました。

この商品は、日本電産グループで幹部登用の必須条件として外国語の習得を必要としていることに対応して、日本電産総合サービスが語学教材出版事業で実績のある株式会社アスク(本社東京)との共同で企画・開発したものです。本教材は日本電産グループ社員が使用することを意図して企画しましたが、中国語の修得を目指している社会人や学生の皆様のニーズにも役立てて頂きたく、社外向けの販売を実施することと致しました。

1.販売商品の概要

(1)商品名
『文化理解とあわせて学ぶ「ゼロからのビジネス中国語」 eラーニング講座』
(2)学習方法
PCとスマートフォンを組合せた『Blended Learning』で学習します。自宅や会社からはPCでの「e-Learning」を、移動中はスマートフォンでの「Mobile Learning」が可能です。
(3)学習到達レベル
語彙数約2,000語で、中国語検定3級合格を目標に対応した教材です。基本的な文章の読み書きや日常会話、ビジネス会話を身につけます。
(4)受講期間
全24レッスン(月間4レッスン)を6カ月間で学習します。(1レッスン 約60分)
(5)販売価格
登録ID 1件あたり 15,000円(税抜)
(6)販売先
法人(企業の人事部門等)、官公庁、自治体、各種団体を主な販売先とし、日本電産総合サービスのWeb経由で社会人、学生、大学サークル等の個人へも販売致します。

2.商品の主な特徴

(1)PCとスマートフォンの組合せという今までにない新しい学習教材で、いつでもどこでも学習が可能。
(2)中国赴任や出張に対応した実務に即した入門教材です。
(3)中国の文化や習慣を理解しながら、中国語の基礎から実践ビジネスまでを学習します。
(4)6か月間という長期間にもかかわらず、15,000円(税抜)という低価格で提供(1ヶ月 2,500円)。
音声と映像を豊富に盛り込んだリッチ・コンテンツの教材です。
(5)語学教材で実績の高い制作会社(株式会社アスク)と執筆者によるオリジナル教材です。
(執筆者)
及川 淳子氏
法政大学客員学術研究員、早稲田大学講師、横浜国立大学講師
張 嘩(ジャン・イエ)氏
朝日中国文化学院講師、音声ブログ番組「ジャスミン茶を飲みながら」メインパーソナリティ
(6)映像と教材はすべて北京ロケで撮影し、役割に応じて中国人と日本人をキャスティングしています。
(7)株式会社アスクについて
本社所在地:東京
代表取締役社:天谷 修身
資本金:1億円
業務内容:語学テキスト、問題集、実用書、e-Learning教材の企画・出版・販売等

3.学習教材の一例 : PCによるe-Learningの画面

下記の日本電産総合サービスのホームページからアクセスできます。
http://www.nidec-service.co.jp/index.html

お問い合わせ先
報道機関お問い合わせ先
日本電産株式会社 広報宣伝部長 田村 徳雄
〒601-8205 京都府京都市南区久世殿城町338
Tel: 075-935-6150

商品および販売お問い合わせ先
日本電産総合サービス株式会社 専務執行役員 森 重善
〒617-0833 京都府長岡京市神足寺田1
Tel: 075-959-4191