各位

 会社名  日本電産株式会社
 代表者名  代表取締役会長兼社長 永守 重信
 取 引 所  東証一部(6594)
 NYSE (NJ)
 所 在 地  京都市南区久世殿城町338
 問合せ先  広報宣伝・IR部長 田村 徳雄
 電話  (075) 935-6150(ダイヤルイン)

 

当社子会社のサーボプレス新製品発売について

当社子会社である日本電産シンポ株式会社が、サーボプレスの新製品「SHシリーズ」を発売いたしますので、別紙の通りお知らせいたします。
なお、同社はこの新製品を、来る2015年7月15日~18日に東京・ビッグサイトで開催される『MF-Tokyo 2015 プレス・板金・フォーミング展』に出展いたします。

各位

会社名 日本電産シンポ株式会社
代表者 代表取締役社長 西本達也
所在地 京都府長岡京市神足寺田1番地
URL http://www.nidec-shimpo.co.jp
問合せ先 経営企画部長 山口伊佐美
電話 (075)958-3606
E-MAIL marketing@nidec-shimpo.co.jp

 

サーボプレス「SH シリーズ」発売のお知らせ

日本電産シンポ株式会社(以下、当社)は、このたびサーボプレス「SH シリーズ」を発売いたします。
当社は2012年に高速精密プレスの日本電産キョーリと経営統合し、同時に米国最大手のミンスター・マシン・カンパニー(現 日本電産ミンスター)を傘下に収めて以来、開発・製造・販売・サービスの各分野で協業を進めて参りました。
今回発売するサーボプレスは、ネットシェイプ用途に向けて開発いたしました。同分野で先行開発を進めております日本電産ミンスターのノウハウを取り入れながらも、日本をはじめとするアジア地域での使い易さも考慮した設計としております。
すでに一部自動車部品製造企業様への納入も開始しており、今般一般発売させていただくことといたしました。
来る7 月15 日より東京ビックサイトで開催されます「MF-Tokyo 2015」に実機を含めて出展いたします。
なお、同展示会には当社の親会社である日本電産が日本IBM社と提携し開発を進めている生産分野におけるIoT機能を搭載した高速精密プレスも同時出展いたします。

【SH-SF1-2000概要】

 「高出力」

 駆動部にサーボモータと日本電産シンポ株式会社で培われた
 遊星減速機を採用し、高い仕事量を発生することが可能
 「コンパクト」  一体型フレーム(サイドリブ)構造により「ねじり剛性」を強化
 「省エネルギー」

 電源回生機構を採用し従来型機械式プレスと比較して
 大幅な省エネルギーを実現
 「カスタマイズ」

 ボルスタ・スライドサイズ、ストローク長さ、連続仕事量、
 外形寸法など、お客様のご要望に応じて設計・製作可能
 「操作性」


 カラータッチパネルを標準装備。モーションパターンも予めご用意。
 簡単な操作ですぐに使用可能。
 お客様設定のモーションデータを最大100件保存可能


【展示機概要】
 型式
(クランク構造)
                     SH-SF1-2000                    
シングルクランク 
 加圧能力  2000kN
 能力発生位置  10mm
 連続仕事量 20000J 
 ストローク長さ  250mm
                     無負荷連続ストローク数                      40spm
 ダイハイト  550mm
 スライド調整量  50mm
 スライド寸法(LR×FR)  1000×800mm
 ボルスタ寸法(LR×FR) 1000×1000mm 
 最大上型懸垂量 1000kg 


【製品外観】


以上