米国のThe Wall Street Journalの姉妹紙で著名な投資週刊誌であるBarron's(バロンズ)誌は、3月27日、世界のベスト経営者30名の一人として当社代表取締役社長(CEO)の永守重信を選出しました。

この「The World's Best CEOs(世界のベスト経営者)」はBarron's誌が年一回発表しているもので今年で2回目となります。3月27日に発表された30名の経営者のうち米国企業以外からは10名が選出され、日本企業からはただ一人、当社代表取締役社長(CEO)の永守重信が選ばれました。

米国企業以外からは永守に加えて、Renault社のCarlos Ghosn氏、Mittal Steel社のLakshimi Mittal氏、Macquarie社のAllan Moss氏、Samsung Electronics社のJong-Yong Yun氏などが選出されております。

同誌記事では、永守を「日本で最も株主を重視した経営者の一人であり、iPodやその他の製品の中に使われるハード・ディスク・ドライブ(HDD)を駆動させるブラシレスモータを製造する日本電産を率いている」と紹介しています。