「日本電産グループ 生物多様性行動指針」を制定

当社は、人類は多様な生物に支えられた豊かな生態系の恵みを受けており、環境保全をはじめ、生物多様性の保全に取り組むことが重要な企業課題の一つだと考えています。

この考えに基づき、当社は「日本電産グループ 生物多様性行動指針」を制定しました。

事業活動や社員一人ひとりの活動を通して、日本電産グループは生物多様性の保全を今後一層推進し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

 

日本電産グループ 生物多様性行動指針

 

人類は多様な生物に支えられた豊かな生態系の恵みを受けています。今後もこの多様な生物と共存していくことは、人類共通の課題です。

当グループは、環境理念および環境方針に基づき、生物多様性の保全に対する以下の行動指針を定めて、その課題に取り組みます。


  1. 生物多様性の保全を企業の重要課題のひとつと認識し、推進体制の整備に努めます。

  2. 事業活動が生物多様性に及ぼす影響の把握と、その影響の継続的な低減に努めます。

  3. 製品の地球環境への貢献を通じて、生態系の保護に寄与します。

  4. グリーン調達の一環として、取引先における生物多様性の保全への取り組みを推進します。

  5. 株主、顧客、取引先、地域社会、社員などのステークホルダーと連携し、生物多様性の保全に関するコミュニケーションを図ります。

  6. この生物多様性行動指針は、広く外部に開示します。

2010年8月制定

お問合せ先
日本電産株式会社 CSR推進室
〒601-8205 京都市南区久世殿城町338
TEL:075-935-6140(ダイヤルイン)
FAX:075-935-6141