社会を支える縁の下の力持ち 世界を動かす「モータ」。
その可能性が未来をつくる。

社会を支える「モータ」という存在。

スマートフォンや家電、自動車などの身の周りのものから、工場や発電施設などの産業施設でも、
ありとあらゆるモノをモータが動かしています。時代の進化に伴い、モータの活躍の場は急速に広がっています。

drop

ありとあらゆるモノを動かす部品、それがモータ。
世界の電力消費量の約50%は
モータによるものと推計されています。

今、世界的な電力消費量の削減が、
「地球温暖化」対策の大きなテーマに。

地球温暖化の対策として、2016年に発効された「パリ協定※」では、
世界平均地上気温の上昇を産業革命前と比べて2℃以内に抑えるため、
温室効果ガス(CO2など)の排出を削減し続け、
21世紀後半には排出量を実質ゼロ(脱炭素社会)にするという目標が定められました。
その目標の達成には、電力消費量の削減も大きなテーマのひとつとなっています。
※パリ協定…「京都議定書」に代わる、2020年以降の温室効果ガス排出削減等のための新たな国際的枠組み。

温室効果ガス長期大幅削減イメージ(国内)

出典:環境省 再エネ加速化・最大化促進プログラム2018年版より

温暖化抑制のため、「モータ」には
何ができるのでしょうか。

求められるのは、モータの
更なる「高品質・高効率化」。
日本電産には、その使命と、実現力がある。

現代社会においてなくてはならない部品であり、電力消費量の多くを占める「モータ」。
だからこそ、さまざまな分野で、少ない電力で大きなパワーを生み出すため、
より高品質・高効率のモータが求められているのです。
日本電産は、世界にさきがけて高機能で価格競争力に優れたモータを開発してきました。
これからも、世界最高効率の規格に対応したモータを開発し、省エネ化を牽引していきます。

※日本電産テクノモータの従来製品(IE1対応)と
Mighty Econoモータ(IE3対応)の評価
〈7.5kW、4P 50Hzのモータ1台を1日10時間、週5日1年間稼働した場合の効果〉

「モータ」には未来をつくり、
社会の進化を加速させるチカラがあります。
日本電産は更なる技術革新により、
優れた製品を提供し続けます。

日本電産を示す数字

世界No.1の総合モーターメーカー
日本電産を数字から紐解く。

  • 世の中に必要とされるモータを、年間30億個以上製造する盤石な体制を整備。

  • 永守重信がわずか4人で創業。先見の明により、常に業界をリードする10万人企業に成長。

  • 過去58社のM&Aを実施。買収企業の健全化、既存事業とのシナジー創出により、更に強い企業へ。

  • 社会課題から生み出される事業機会を逃さない成長戦略。