G/ガバナンス

リスク管理

日本電産グループは、グローバルな視野で中長期的なリスクと日常的なリスクの両方を見据え、事業継続の確保を図っています。

リスク管理体制

中長期的なリスクの管理

当社グループでは、具体的な数値目標・定性目標として設定された長期ビジョンを実現するための中期経営計画を策定し、年度事業計画の基礎とします。策定にあたっては、中期達成目標としての実行可能性、長期ビジョンとの整合性、達成のために克服すべき課題やリスクを含めて検討し、決定します。マーケット状況の変化や進捗状況に応じて、計画の実施途中での見直し(ローリング)も行っています。

日常的なリスクの管理

当社グループ全体のリスク管理体制確立のため「リスク管理規程」を制定し、取締役会の下部組織としてリスク管理委員会を設置しています。リスク管理委員会が策定した年度方針に基づいて、各部門長及びグループ各社がリスク管理年度計画を作成・実行します。
リスク管理室はこれを支援するリスク管理委員会の事務局機能を担い、経営管理監査部がこのリスク管理体制の整備状況を監査します。
さらに、重要な情報については毎朝のリスク会議で迅速に報告・共有し、日々の業務に活用します。また必要に応じて、経営会議の場でも幅広く討議・共有します。

当社グループが現在管理対象としている具体的なリスクについては、こちらをご参照ください。

危機管理

現実の危機対応が必要となった際に備え、当社グループ全体を包含する「危機管理規程」及び「BCP(Business Continuity Plan: 事業継続計画)基本方針」の元、フローチャート・チェックリスト形式の実践的な手順を整備しています。

BCP(Business Continuity Plan: 事業継続計画)

当社グループは、世界の各拠点に設置したリスク管理者を中心に、事業継続を妨げる要因の早期の察知と的確な対応に努めています。2014年3月より、地震、洪水、干ばつ、感染症、火災などのリスク発生を想定し、BCPのシミュレーション訓練を国内外の拠点で実施しています。訓練には、2018年3月末までに累計1,900名以上の社員が参加し、現場レベルの対応力を強化しました。2018年度は、本社スタッフも参加して国内外生産現場での安全管理活動を更に推進しています。

   

BCP訓練の様子(アメリカ)

BCP訓練の様子(タイ)