モータとは

直巻モータ

読み方は、「ちょっけん」あるいは「ちょくまき」です。
電磁石により界磁束を発生させる「電磁石界磁型型DCモータ」で、界磁巻線と電機子巻線を直列に接続されています。
回転速度が、負荷の変化によって大きく変化するのが特徴で、起動時または低速時では大きなトルクを発生し、負荷が低下すると高速になります。
このような特性を、一般的に直巻特性といいます。この特性を活かして、クレーン、電車およびエレベーターなどの特定用途に使われてきましたが、現在では、誘導モータや同期モータをインバータで可変速制御する方法に置き換えられています。
このモータは、交流でも回転しますが、直流モータとして設計したモータを交流で回転させると、鉄損等の損失が増加するため異常に発熱します。

た行 その他の用語