日本電産コパルについて

沿革

創業から現在まで、事業成長の歴史を紹介します。

1946年 個人経営にてシャッタ製造開始
1949年 株式会社組織に変更、カメラ用シャッタの専業メーカーとして
株式会社コパル光機製作所設立
1954年 本社工場を現在地に移転
1955年 シャッタ組立て作業にベルトコンベヤーシステム採用
1961年 東京証券取引所第二部に上場
1962年 社名を株式会社コパルに変更
1963年 コパル精密株式会社(現・生産支援センター 郡山生産部)操業開始
1965年 シャッタ製造技術の向上によるカメラ業界への多年の功績によって
藍綬褒章受章
1967年 コパル光機株式会社(現・塩尻事業所)設立
1969年 六日町精密株式会社(現・新潟事業所)設立
1970年

昭和天皇・皇后両陛下がコパル精密株式会社(現・生産支援センター 郡山生産部)を
ご視察

1971年 東京証券取引所市場第一部に上場
1972年 一関コパル株式会社設立
1974年 シャッタ製造技術の向上によるカメラ業界への多年の功績にて
前原会長(当時)藍綬褒章受賞
1987年 コパル精密部品株式会社(現・新潟事業所)設立
1988年 富士通タイランド株式会社にコパルディビジョン開設
1991年 マレーシアに現地法人設立
1998年 日本電産株式会社が筆頭株主となり、同社グループ企業に
「カメラ用フォーカルプレーンシャッタの開発」による長年のカメラ業界への
貢献に対し科学技術庁長官賞受賞
中国に科宝光電機器(上海)有限公司設立
1999年 日本電産コパル株式会社に社名変更
日本電産コパル・ベトナム会社設立
2000年

富士通タイランド・コパルディビジョンが日本電産
コパル・タイランド株式会社として分社独立

米国日本電産コパル株式会社設立
日本電産科寶(香港)有限公司設立

2001年 日本電産コパル・ヨーロッパ有限会社設立
「カメラ用フォーカルプレーンシャッタ」の開発による多年の実績により、
井上理事研究員(当時)が紫綬褒章受章
日本電産科宝(浙江)有限公司設立
2003年 コパル・ヤマダ株式会社設立
2010年 日本電産コパル精密(ベトナム)会社設立
2012年 日本電産コパル精密部品株式会社事業所再編
新潟日本電産コパル株式会社に改称
2013年 本社・新社屋竣工
株式交換により日本電産株式会社の完全子会社に
2014年 新潟日本電産コパル株式会社を吸収合併
日本電産コパル株式会社新潟事業所に改称
2018年 日本電産コパル電子株式会社へポテンショメータ事業及びエンコーダ事業を譲渡
2019年 日本電産セイミツ株式会社からマイクロモータ事業を譲受け

Nidec Group Search