会社名
日本電産マシンツール株式会社
代表者名
代表取締役社長 若林 謙一
所在地
滋賀県栗東市六地蔵130番地

◆多彩な大物部品加工ニーズに応えるスタンダードマシンを投入
◆「よく削れる、速い、操作しやすい」のコンセプトでお客様の生産性を向上

門形マシニングセンタ MVR-Axシリーズ

日本電産マシンツール株式会社(社長:若林 謙一、本社:滋賀県栗東市)は、門形マシニングセンタの新モデル「MVR-Ax」を7月22日に発売します。当機は、大物部品加工における製造現場の多様なニーズに応え、かつ使い易い機械を企図して開発。昨年10月にハイエンドモデルのMVR-Hx、主に中型ワーク(*1)向けスタンダードモデルのMVR-Cxの発売に加え、新たにMVR-Axを市場投入することで、大型ワークにも対応できるテーブルサイズや豊富な主軸アタッチメント、自動パレット交換装置を含む自動化対応など多くの選択肢でユーザの多様な用途に応えることが可能となりました。また、高性能で効率よく削れる技術と、操作性やメンテナンス性を向上させるデジタル技術により、トータルでの生産性を高めています。国内・海外を問わず幅広くユーザに提案し、新たな市場を開拓していきます。

MVR-Axは、産業機械、建設機械、半導体製造装置、発電装置などの大物加工用として標準の主軸回転速度を6,000回転/分としたほか、重切削用として4,000回転/分、最大トルク3,430N・mのギアドライブ主軸(opt.)を用意しました。この高いトルクを受けても動かない強靭な機械本体構造に加えて、ラム主軸の高剛性化により、ラム突出し時の切削能力を高め、背が高い部品の側面加工の高能率化を図っています。また、豊富なアタッチメントを用意することで狭小部や多面加工、傾斜面・自由曲面など様々な形状の加工にも対応しています。さらに、各軸の早送り速度は、業界トップクラスのX軸30m/分、Y軸32m/分、Z軸20m/分、W軸5m/分で非切削時間の短縮で生産性を高めています。

使いやすさの面では、オペレータのNCプログラム作成や芯出し作業などの効率を高める操作支援機能「NidecNavi」や工具とワークの衝突を抑止する「簡易衝突防止機能」を標準搭載、ユーザの声をもとに使いやすさを追求しました。また、当社独自のIoTプラットフォーム「DIASCOPE」によりユーザの手間のかからない迅速・安心サポートも実現しています。そのほか、消費電力削減など省エネルギー対策としてオイルクーラや油圧ユニットにアイドリングストップ機能を施すなど環境性能を高める各種技術も取り入れています。

MVRシリーズは、金型、産業機械、建設機械、半導体製造装置などの分野へ幅広い納入実績と豊富な経験を持ち、機械性能だけでなく、ユーザに寄り添った安心サポート設計で使いやすさと環境性能を追求しています。日本電産マシンツールは、あらゆる産業で必要となる工作機械を提案することでお客様のものづくりに貢献していきます。

*1:ワークとは、加工の対象となるもの。加工物。

門形マシニングセンタ MVR-Axシリーズの主な仕様

 
MVR25Ax MVR30Ax MVR35Ax MVR40Ax MVR45Ax
コラム門内幅の距離(mm) 2,050 2,550 3,250 3,750 4,250
ワーク取付面から
主軸端面までの距離(mm)
std. 1,650 1,650 1,850 1,850 2,150
opt. 2,010 2,010 2,150 2,150 -
テーブル
作業面の大きさ
幅(mm) 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500
長さ(mm) 3,000 3,000 - - -
4,000 4,000 4,000 4,000 -
5,000 5,000 5,000 5,000 -
6,000 6,000 6,000 6,000 6,000
8,000 8,000 8,000 8,000 8,000
- 10,000 10,000 10,000 10,000
主軸頭 ラムの大きさ(mm) □350
主軸端のテーパ JIS B6101 50番
主軸の直径(mm) Φ110
主軸回転速度(min-1)
(出力)
std. 20~6,000(連続 22/30kW:低速/高速)
opt. 11~4,000(22/30kW:連続/30分)
opt. 40~10,000(連続 18.5/26kW:低速/高速)
ATC 工具収納本数(本) 60(std.) 80、100、120、180(opt.)

製品に関するお問い合わせ先

日本電産マシンツール株式会社
営業本部:077-552-9760