製品情報

サーボモータ 

サーボモータ商品特長

サーボモータの特長

世界有数のモータメーカグループの、中核企業日本電産サンキョーが提供するサーボモータは、以下の特長があります。

1.開発設計は日本で行い、高い性能と品質を実現しました。

2.シンプルな構造を実現し、さらにほとんどの部品を内製化し、低コスト化を追求しました。

3.自社開発・製造の磁気式エンコーダを採用し、優れた耐環境性を実現しました。

4.23bit分解能エンコーダラインナップと2.5kHz応答周波数対応を実現し、お客様の装置では高精細加工を可能とします。

5.自社開発でEtherCAT通信に対応したアンプもラインナップし、さまざまなコントローラと簡単接続を実現しました。

サンキョーサーボモータ開発物語

私たちがサーボモータをどのような考え方で開発したのかについてお話させていただきます。

『日本設計品質でありながら安いコストで提供したい。』

その思いを現す1つの例を紹介します。私たちはあらゆる部品を内製化し、コストを可能な限り抑えることに成功しました。例えば、磁気式エンコーダはすべて社内開発であり、社内製造しています。なんと、着磁工程まで内製化しています。1960年代から培ったモータ開発・製造技術をベースに、とことん技術と品質にこだわり開発しました。

『悪環境下で壊れることなく使用してもらいたい。』

その思いを現す1つの例を紹介します。私たちは、磁気式エンコーダーを自社開発し採用しました。光学式エンコーダと比較すると、驚くほど構造がシンプルです。そして、振動・衝撃に対しては光学式エンコーダと比較すると原理的・構造的に大変優れています。さらに独自開発した磁気式回転位置検出技術を用いて、タフさと高分解能と言う今まで相反して不可能だった特性を実現しました。

『サーボモータを使用する加工機で、高精細加工を実現したい。』

その思いを現す1つの例を紹介します。私たちが提供するサーボモータは速度周波数2.5KHzを実現し、加工機では滑らかな加工を実現できるようにしました。23bit分解能を実現した自社開発磁気式エンコーダを搭載しました。そして、その能力を十分に発揮できる新しいアルゴリズムをアンプに搭載し、高精細加工を実現しました。金属加工機に我々のサーボモータを搭載して稼働すると、鏡のように光沢のある表面仕上げを実現できます。

『上位機器と安く・簡単に接続できるようにしたい。』

その思いを現す1つの例を紹介します。私たちはEtherCAT通信機能を搭載したアンプを新規開発しました。そして、EtherCAT Technology Groupにおいて厳格なConformance Testを行い、合格証明書を獲得しました。さらに、私たちは、各社(KEYENCE・BECKHOFF・OMRON・SOFTSERVOなど)のコントロール機器との接続試験を独自に行いました。その結果、各社のコントロール機器から確実に我々のサーボモータが制御できることを確認しました。 今後も、接続できるコントロール機器を大幅に拡大していきたいと考えています。

モータ型式 一覧 多くのラインナップでニーズに対応 

ダウンロードおよび関連ページリンク

サーボモータ
簡単型番検索
/CADダウンロード
サーボモータ
自動選定ソフトウェア
S-ASSIST
無料ダウンロード
サーボモータ
カタログ
ダウンロード
サーボモータ
マニュアル
ダウンロード
EtherCATアンプ
ESI FILE
ダウンロード
サーボモータ
FAQ

お問い合せ先

日本電産サンキョー株式会社

メールでのお問い合せ

お電話でのお問い合せ

03-5740-3000

受付時間: 9:00~17:30(土日祝除く)

Nidec Group Search