E/環境

SMART2030

SMART2030の目指すもの:
2030年度までに継続的にCO2排出量を総量で削減

2019年、私たちは国際的な広がりを見せる「脱炭素社会」への対応として、SMART2030を始動しました。このプロジェクトでは、2030年度を見据えた気候変動対策を定性的・定量的に目標化し、その進捗を継続的に開示していくことを定めています。
目標達成のための注力施策の軸は、「自社事業のエネルギー効率の向上」と「再生可能エネルギーの積極導入」の2つです。


※温室効果ガス排出量:直接排出量及びエネルギー起源間接排出量(Scope1及びScope2)

実現に向けた注力施策

自社事業のエネルギー効率の向上

  • ・新建屋建設時のLED導入
  • ・空調システムの効率改善
  • ・AI活用など、省エネ型生産プロセスの開発

日本電産サンキョーで実施されている
省エネ診断の様子

省エネ用の運転制御装置を取り付けている
日本電産トーソク・ベトナムの空調設備

再生可能エネルギーの積極導入

  • ・太陽光以外の再生可能エネルギーの活用検討
  • ・太陽光発電パネルの導入
  • ・グリーン電力証書の活用推進

日本電産(浙江)有限公司に設置されている
太陽光発電パネル

再生可能エネルギー100%電力を導入している
中央モーター基礎技術研究所

SMART2030対象事業所数

2019年度は、当社グループの60.1%(売上ベース)にあたる81の事業所を対象としています。

SMART2030対象事業所数

2018年度 2019年度
非生産事業所 13 12
生産事業所 70 69

※構造改革に伴う事業所の統廃合により、事業所数が減少

Nidec Group Search