日本電産サンキョーについて

沿革

創業から現在まで、事業成長の歴史を紹介します。

1946年(昭和21年)
個人企業三協精機製作所創立。
1947年(昭和22年)
有限会社三協精機製作所に改組。
1948年(昭和23年)
オルゴール試作1号機完成。
1950年(昭和25年)
オルゴールの量産体制を確立し、販売も軌道に乗る。
1951年(昭和26年)
東京出張所を開設。
1953年(昭和28年)
大阪出張所を開設。株式会社三協精機製作所に改組。
1957年(昭和32年)
下諏訪工場稼働開始。ニューヨーク駐在事務所開設。
8ミリカメラ・映写機の生産に着手。
1959年(昭和34年)
名古屋営業所を開設。
タイムスイッチ・マイクロモータの製造販売開始。
1961年(昭和36年)
東京証券取引所第二部に上場。
資本金5億3,000万円 。
1962年(昭和37年)
東京証券取引所第一部に指定替え。
西独に欧州駐在事務所開設。
専用工作機械の外部販売開始。
1963年(昭和38年)
テープレコーダの生産開始。
1965年(昭和40年)
レベルメータ製造販売開始。
1968年(昭和43年)
オーディオ用磁気ヘッド、デジタルクロックの開発。
1969年(昭和44年)
名古屋営業所を支店とする。

Nidec Group Search