分析事例

水耕栽培の葉および水耕液の分析

「変色した葉の成分の違いと、水耕液中のイオン種の違いを知りたい」

分析の内容

乾燥させた葉の元素成分を蛍光X線分析装置(XRF)で簡易定量を実施しました。
また、水耕液はメンブレンフィルターでろ過後、 イオンクロマトグラフィー(IC)で含有イオンの 定性および定量分析を実施しました。

写真1. 試料の外観 (左_緑色:葉A、 右_黄色:葉B)
写真2. XRF分析の様子
図1. XRF分析結果
写真3. IC分析の様子
図2. IC分析結果

分析の結果

XRF分析の結果、葉Aの一番多い成分はカルシウム(Ca)であるのに対して、葉Bの一番多い成分はカリウム(K)でした。また、葉Bのみマグネシウム(Mg)、ケイ素(Si)が検出されています。
IC分析の結果では、水耕液A,B共に最も多く含まれているイオンはNO3- でした。

お気軽にご相談ください

日本電産株式会社 化学分析チーム ISO/IEC17025試験所/受託サービス窓口

メールでのお問い合せ

お電話でのお問い合せ

075-935-6635

受付時間: 9:00~17:30(土日祝除く)

Nidec Group Search