LIFE STYLE@京都

京都での暮らし

日本電産の本社及び生産技術研究所がある京都について、
交通(通勤)や住宅事情、教育事情などの
生活環境に関する情報を中心に紹介します。
また、京都府外から転居してきた先輩社員の声も紹介します。

ABOUT KYOTO

京都ってこんなところ

日本有数の観光地で、金閣寺や清水寺といった世界文化遺産や歴史的な建造物・史跡を目当てに、国内外から多くの観光客が訪れます。市街地は碁盤の目状に区画されているのが特徴です。祇園祭や京都五山送り火などの全国的に有名な催しもあり、古くから日本の中心地として栄えてきました。また、観光地でありながら大学の数も非常に多く、「学生の街」としても活気がある人気の都市です。

TRAFFIC ACCESS

各地への交通アクセス

  • 京都駅からJR線

    大阪駅まで

    30
  • 京都駅からJR線

    三ノ宮駅まで

    50
  • 京都駅から新幹線

    名古屋駅まで

    35
  • 京都駅から新幹線

    東京駅まで

    2時間15

※本社最寄りのJR向日町駅はJR京都駅から約8分です。

HOUSING

住まい

住宅価格は東京の6割程度

観光地としての人気の高い場所かつ新幹線の主要駅がある地域ということを考えると、首都圏の6割程度の家賃で住めるのはお得。
特に京都駅周辺は、ショッピングモールや家電量販店、地下街などもあり、生活する不便さを感じることはありません。
JR・地下鉄・私鉄・バスなどの交通網も充実しているので、中心地から離れた場所でもアクセスしやすい利便性の高さがあります。

1畳あたりの家賃

  • 東京都

    5,128

  • 京都府

    3,282

※「総務省統計局」https://www.stat.go.jp/info/today/152.htmlより

PARENTING

子育て

「子育て環境日本一」を目指し、取り組みを推進中

「子どもは社会の宝」と位置付け、2019年9月から「子育て環境日本一」を目指す取り組みを推進。
府が主導して、企業の子育てに対する意識改革を促す「ワークチェンジ塾」を開催したり、
保育所・認定こども園・幼稚園等の無償化を推進するなど、意識面と経済面の双方からアプローチしています。

GO OUT

おでかけ

  • 寺社仏閣巡り

    京都には3,000を超える寺院、1,500を超える神社があり(※「宗教年鑑 令和3年版」より) 、そのうち16の寺社仏閣が世界遺産に登録されています。これだけ狭い範囲に寺社仏閣が集中しているのは、京都ならではです。

  • 美術館・博物館巡り

    史跡の多い京都には、歴史的価値の高い美術品や資料を見ることができるスポットも多く存在。美術館では近代美術や工芸品、博物館ではマンガや鉄道の実物・資料など、スポットのバリエーションも豊富なので、あなたの興味に合った場所を探せます。

  • グルメ

    「京料理」という1つのジャンルが確立されているほど、京都は食の文化が根付いています。湯葉やハモといった定番の料理から、最近では抹茶スイーツを始めとする新しいグルメも次々と生まれており、食の楽しさを感じられる土地です。

VOICE OF EMPLOYEES

京都府に転居した社員の声

豊かな自然と
温かな人間関係。
京都は本当の
“住めば都”でした

S.U.

人事

人事部 兼 企業年金基金
現代社会学部 社会システム学科卒
2013年入社

S.U.

INTERVIEW.01

入社を決めた理由

結婚を機に夫が住む京都に移住し、転職活動を行いました。日本電産の採用面接を受け、会社がまだまだ発展途上で未整備な部分が多いこと、今後も諸制度を積極的に改善してゆくことを聞きました。それらの内容から会社がさらに成長を目指す気概を感じ、ここで働けば学べることがたくさんあると思いました。また、面接担当の方が、終了後に私の姿が見えなくなるまで見送ってくれたことから、「なんと人を大切にする企業なのだろう」と感じました。日本電産社員の丁寧な姿勢にこれから共に働く多くの仲間たちの人柄が垣間見えたように思い、そちらも併せて日本電産への入社を決めました。

S.U.

INTERVIEW.02

現在の仕事内容

現在人事部人事グループに所属し、従業員への給与支払い業務と、企業年金基金など退職金に関連する業務を担当しています。前者の業務では人事異動に伴う各種申請のフォロー、月々の各種手当の申請確認、年末調整等の年次業務への対応を多くの社員とやり取りしながら行っています。後者の業務では退職金制度の改定などに携わり、退職金制度をDC(確定拠出年金)制度に統一する仕事も経験しました。こちらは社員の皆に資産運用に興味を持ってもらえるよう、投資教育を検討・継続することが今の課題です。

S.U.

INTERVIEW.03

転職後のくらしと勤務地の魅力

現在、夫と子ども2人の4人で京都に暮らしています。実は夫婦ともに京都出身ではなく、頼れる親戚もいないため、当初は京都への転居と転職に不安がありました。しかし実際に住んでみると、近所の人や子どもが通う学校の先生、保護者に温かい方が多く、行政(市)の子育て支援制度も整っていることがわかりました。例えば、病児保育やファミリーサポート制度(子どもの送迎等を近所の支援者が行ってくれたりする制度)などがあり、それらを利用しながら子育てと仕事を十分に両立できています。また京都は自然が豊かで、私の自宅近くにも山や川があります。そうした環境で子どもたちを伸び伸び育てられるところをとても気に入っています。

S.U.

S.U.

オフの過ごし方

京都は歴史ある街で、休日に寺社仏閣をめぐったり、伝統的な催しに気軽に足を運んだりできるところが好きです。一方で恵まれた自然を満喫しに、自宅近くの山や公園で子どもと昆虫採集をして遊ぶのが夏の定番の過ごし方です。