技術トピックス - 切削工具トピックス -

MACH7特殊熱処理による改善事例(小モジュール、小歯数ギヤの場合)

ホブカッタの熱処理の違い(コーティングと加工条件は変更なし)での量産加工ラインにおける比較テスト結果をご紹介します。

ホブカッタ材質MACH7の通常品から特殊熱処理にして、同一加工条件(切削速度200m/min)で加工数を約1.4倍の10,000個に増やしましたが、逃げ面最大摩耗量は従来と同等になり、工具費低減30%を達成しました。

逃げ面摩耗量の比較

約1.4倍加工して逃げ面最大摩耗量同等

1台当たりの工具費の比較

工具費30%低減を実現

最大摩耗刃の画像

改善前
改善後
被削ギヤ諸元
モジュール1.6
圧力角21°
歯数22
ねじれ角20°RH
外径41
歯たけ3.7
歯幅30
材質SCM20
ホブ諸元
外径φ60
全長140
条数3
切刃数10
材質MACH7特殊熱処理
コーティングAlCrN(他社)
加工条件
切削速度V200m/分
送り2.0mm/rev
切削個数10,000個
加工方法ドライカット

製品ページ

精密切削工具

NIDEC Group Search