技術トピックス - 切削工具トピックス -

ピニオンカッタ加工時のヘリカルガイドの共用検討

異なるワークを同じヘリカルガイドで加工可能か、検討されることがあると思います。

新たなヘリカルギヤをピニオンカッタ(ギヤシェーパカッタ)で加工する場合、ヘリカルガイドのリ-ドを計算する必要があります。以下に、基本式を示しますので、ご活用下さい。

ヘリカルリ-ドの計算式(L)

L = π × mn × Zc / sinβ

mn : ノーマルモジュール

Zc : カッタ歯数

または

L = π × φDc / tanβ

φDc : カッタピッチ円周(PCD)

β : カッタねじれ角(°)

ヘリカルガイドの共用について

下記項目がすべて満足できれば、共用可能です。

  • 上記計算式で求めたLの値が、ほぼ同値になること。(歯筋誤差の許容範囲内)
  • カッタ刃数Zが、整数であること。
  • ねじれ方向が、同じであること。

ヘリカルリ-ドの説明図

ヘリカルガイド共用検討、計算具体例

共用するカッタ仕様

ヘリカルガイドの共用確認

製品ページ

精密切削工具

NIDEC Group Search