技術トピックス - 切削工具トピックス -

靱性を強化した新鋼種 「MACH13」

新鋼種 MACH13の特徴

  1. 1.ソルト熱処理採用により 、耐摩耗性&耐チッピング性(靭性)を改善
  2. 2.シャープな切れ刃エッジ持続により、被削歯車の加工面粗さを改善
  3. 3.コーティングとの密着力強化により、工具摩耗を低減

耐チッピング性改善

一般的な熱処理後のハイス組織ソルト熱処理後のハイス組織
一般的な熱処理後のハイス組織ソルト熱処理後のハイス組織
素地境界(結晶粒界)に炭化物が析出
→ 素地どうしの結合力が弱く欠けやすい
炭化物が素地に固溶せず耐摩耗性が低下
素地境界に炭化物が析出しない
→ 素地どうしの結合力が強く欠けにくい
炭化物が素地に固溶し耐摩耗性が向上

加工面粗さ改善

  • 【ワーク諸元】
  • モジュール3
  • 歯数18
  • 圧力角18°
  • 捩れ角 30°
  • 【加工条件】
  • V=150m/min
  • f=1.0mm/rev
  • クライム1回切り
  • ドライカット
     
他社製ホブによる被削歯車の加工歯面
新鋼種MACH13 ホブによる被削歯車の加工歯面

工具摩耗の低減事例

【ワーク諸元】

  • モジュール 2.25
  • 圧力角 17.5°
  • 歯数 46 捩れ角 23°
  • 材質 SCM415

【ホブ諸元】

  • 3口 16溝
  • ホブ材質 MACH7/MACH13
  • スーパードライⅢコート

【切削条件】

  • 切削速度 300m/min
  • アキシャル送り 2.4mm/rev
  • クライム / ドライカット
  • 切削長 60m (ノーシフト加工)

製品ページ

精密切削工具

NIDEC Group Search