研究開発拠点の紹介

滋賀技術開発センター

家電、OA機器から産業用モータまで
日本電産グループ最大の研究開発拠点。

機能と役割

滋賀技術開発センターでは、CD/DVD/BDなどの光ディスクドライブ用モータ、OA(プリンタ・複写機)用の駆動モータをはじめ、家電・OA機器から産業機器まで幅広い市場用途に対応できるモータを開発しています。現在、滋賀技術開発センターでプラットフォーム開発を実施し、中国大連、東莞の開発分室で応用設計を行い、大連・東莞・ベトナム等、客先に合わせた最適なロケーションの生産工場へと量産が展開される体制が整っています。近年、特にブラシレスDCモータの持つ小型・高効率といった特徴を生かし、家電向けモータを数多く開発しており、さらに新たな用途として電動化製品、発電機器用のモータを開発、2012年度から量産を開始しています。

車載用モータ分野においては研究開発、製品設計、生産技術開発、モータの製造および海外工場の展開支援を行う車載事業本部の司令塔となる拠点として機能しています。軽薄短小&ハイパワーを両立させたモータや、レアアース対策製品の開発、さらに生産技術改革など、業界をリードする技術を創出し、日々進化する自動車業界の技術要求に応え、自動車の省エネに大きく貢献しています。

製品と取り組み・成果

精密小型ブラシレスDCモータ

用途

DLP®(プロジェクタ)用のモータ、CD/DVD/BDなどの光ディスクドライブ(ODD)用モータ

性能向上はもちろんのこと、特に客先装置の市場価格推移に追従すべく低価格帯モータ開発にも注力しています。技術的には最近のウルトラブックと称される薄型ノートPCに適合できる超薄型モータを開発しています。多くのパテントを有しており競合との優位性を保持しています。DLP®用のモータ開発も行っています。

標準型ブラシレスDCモータ


用途

家電・産業機器・OA機器といった幅広い用途に対応できるモータ
プリンタ紙送り用モータ、電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫など家電用モータ
小型ポンプ用モータ、掃除ロボット用モータ
新ビジネス(風力発電,電動アシスト自転車,浄水化装置)

家電・産業機器・OA機器等幅広い市場用途に対応できるモータを開発しており、中でもOA(プリンタ・複写機)用の駆動用モータで60%のトップシェアを誇っています。客先トレンドに合わせた価格対応・技術対応を進め、ブラシレスDCモータの持つ小型・高効率といった特徴を生かして最近では家電用途でも多く使用されるようになりました。同時に顧客が問題を抱えるブラシ付モータ、ACモータ、ステッピングモータをブラシレスDCモータに置換えることにより、省エネなどの課題を解決し顧客製品の商品価値を高める支援を行っています。新たに小型風力発電機、電動アシスト自転車用のモータキットを開発し、2012年度から量産を開始しました。

ファンモータ

用途

パソコン、家電、ゲーム機などの冷却用ファンモータ

ファンとモータを総合し、省電力、低振動・低騒音で業界をリードする性能のファンモータを開発しています。

家電産業用DC・ACモータ、ポンプ、ブロア


用途

家電用DC&ACモータ、ブロワ、ポンプ

ブロワとポンプの要素技術を駆使し、モーター基礎技術研究所によるCAE(Computer Aided Engineering)サポートのもと、技術優位性ある製品を開発しています。

車載用モータ

用途

EPS用、H-EPS用、DCT用、オイルポンプ用、エンジンクーリング用モータ/FAN、バッテリークーリング用モータ/FAN、パワーウインドウ用、サンルーフ用、シート調整用、シート冷却用、駆動用のメインモータなど

アクセサリー用モータからEPS(電動パワーステアリング)」用モータ、EV用トラクションモータなど、幅広いラインナップのモータを開発。独自のモータ開発設計技術、制御技術を駆使し、自動車の電装化、高度化・省エネ化をサポートしています。

DCT用モータ

パワステモータ第1~第3世代

受賞歴

2004年 日刊工業新聞社 第2回ものづくり部品大賞受賞(共同受賞)
「次世代知能ロボット用測域センサ」
2006年 日本ロボット学会 第11回実用化技術賞受賞(共同受賞)
2011年 「日本環境経営大賞」殿堂 環境価値創造部門 パール大賞

設備・実験装置

残響室
光造型での短期試作
無響室
振動試験装置
半導体解析装置
モータ特性検査装置
パワーモータ用負荷試験装置