生産技術研究所

日本電産グループの成長を加速するためのものづくり基盤の強化と、
世界に貢献する技術の創造を推進。

機能と役割

生産技術研究所は日本電産グループの成長を加速するためのものづくり基盤の強化と、大学、研究機関、企業とのネットワークによる世界に貢献する技術の創造を推進しています。各種先端要素技術、具体的には、画像処理、音解析、 AI技術、機構、メカトロ、加工、成形、材料、評価、組立、生産工程など幅広い範囲の生産技術の先進研究開発を推進しています。

当研究所は独自に進める自主研究に加え、各グループ会社及び各事業本部との連携で進める共同研究も進め、関連する開発設計者とも連携し、グループの生産技術の中核拠点へと拡充していく予定です。加えて、幅広いネットワークを活用し、産学連携などを活用したオープンイノベーションを推進し、革新技術創出を加速して参ります。

取り組み・成果

最先端要素技術の研究開発

「生産技術研究所」は生産技術の革新・高度化に加え、日本電産グループの新製品・新システムに必要な先端要素技術の研究開発も行います。最新の設備の導入も行い、世界最高レベルの生産技術開発の拠点を目指します。

最先端要素技術の研究開発

「生産技術研究所」は生産技術の革新・高度化に加え、日本電産グループの新製品・新システムに必要な先端要素技術の研究開発も行います。最新の設備の導入も行い、世界最高レベルの生産技術開発の拠点を目指します。

壁のないフリーアドレスオフィス

壁のないオープンフロアでフリーアドレスのオフィス形態を採用しています。組織や会社間の壁もなくし、自由な環境からクリエイティブなアイディアを創出できる環境を整えます。

設備・実験装置

大空間
未来の可能性を創造・工夫し、従来のやり方をかえる「創造空間」として、研究開発に活用できる大空間を備えています。
メカ・電気実験室
研究開発におけるメカ的検証と電気的検証を目的とした実験室で、設計・試作・実験・検証・デザインレビューなどを行います。
X線CTスキャン装置
高出力、高精細の2タイプを導入。大型モータや金型から超小型樹脂部品の測定も可能です。
電界放出形走査電子顕微鏡
従来の装置では困難だった金属組織の結晶方位や歪み、応力などの解析が可能です。

Nidec Group Search