社員

雇用の創出・社員満足度の向上

雇用の創出

当社は「最大の社会貢献は雇用の創出であること」という経営理念を実現するため、事業の発展や会社の成長に合わせて、全世界で雇用を創出するグローバルカンパニーを目指しています。
世界各地で人材を積極的に採用しており、具体的には、中国・インド・ブラジル・ベトナムなど新興国での事業拡大に伴い、現地で採用を進めているほか、国内でも主に研究開発に携わる社員を世界中から積極的に採用、育成しています。
またM&Aにおいては、日本電産グループ間のシナジー力を高めながら会社を成長させ、新たな雇用を創出しています。
今後も「雇用の創出」という経営理念のもと、社会に貢献していきます。


連結・従業員数の推移(各年度末時点)

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
従業員数(人) 107,554 108,906 117,206 112,551 114,371

単体・従業員数の推移(各年度末時点)

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
従業員数(人) 男性 2,127 2,244 2,194 2,039 2,011
女性 449 550 562 529 500
合計 2,576 2,794 2,756 2,568 2,511
平均年齢(歳) 39.5 39.0 38.6 38.7 39.2
平均勤続年数(年) 9.4 9.4 9.7 10.3 10.8

国内日本電産グループ・新卒採用数の推移

2018年4月 2019年4月 2020年4月 2021年4月 2022年4月
新卒採用数(人) 男性 261 360 240 104 116
女性 83 92 38 23 27
合計 344 452 278 127 143

社内表彰制度、開発研究発表会

社員のモチベーション向上を目的に、「Nidec社長賞・利益貢献大賞」の表彰や「開発研究発表会」を毎年行っています。

Nidec社長賞・利益貢献大賞

業務遂行の過程で生み出された創意・工夫・新規開拓などを通じて、利益拡大に貢献した社員を表彰する「Nidec社長賞・利益貢献大賞」を1996年より実施しています。
革新的な技術による新商品の開発や、画期的な改善による生産性の向上を通じて利益を増大させたものを表彰しています。

開発研究発表会

技術開発や生産性向上などに関する日ごろの活動成果を発表する「開発研究発表会」を毎年行っています。近年はグループ会社との技術融合によるOne Nidecを目指す内容が増加しています。発表は一般社員が行います。
会長の永守をはじめ、役員および開発研究部門、本社、営業、グループ会社から集まった社員の前で、選抜メンバーによるプレゼンテーションが行われ、その中から優秀発表者が選ばれます。
発表者にとってプレゼンテーションスキル向上に繋がる機会となるとともに、参加者にとっては幅広い分野における最新技術の情報交換の場となっています。

社員満足度向上のために

日本電産では、働きやすい職場をつくり、社員の満足度を高めるさまざまな取り組みを行っています。

災害ボランティア休暇制度の導入

震災や水害等の災害発生時に社員がボランティア活動に参加できるように、2013年度、災害ボランティア休暇制度を導入しました。

経営層と社員との交流

役員との昼食会や各種説明会など、一般社員が直接経営層から話を聞いたり、経営層に向けて自由に意見を述べる機会が多くあります。
社内研修においては、経営トップが自らの考えや会社の進むべき方向を社員に説明すると同時に、社員の質問にも直接回答する時間を設ける等、経営者と社員の距離が近く、同じ目標へ向かうための風通しの良さを大切にしています。

社員満足度向上委員会

社員代表組織である親睦会の役員と会社経営層との懇談会を、事業所単位での月1回の定例会と、全社レベルでの年2回の社員満足度向上委員会として実施しています。委員会では、会社から親睦会へ会社方針に関わる重要な情報の展開を行い、また、親睦会から会社へ各種制度や施策の改善提案などを行うことで、会社・社員間でのコミュニケーション向上を図っています。

親睦会の役割

親睦会は社員相互の親睦を図るとともに、労働条件・職場環境の改善、文化的地位の向上、福利厚生の充実などに努め、その活動を通じて会社の業績進展に寄与することを目的に設置された社員代表組織です。親睦会の役員・委員は非管理職の社員で構成され、本部を本社に、支部を各事業所に設置して活動を行っています。具体的には、労働環境、福利厚生、ダイバーシティの推進などに関する社員の要望を会社へ提言して改善を行う活動と、社員間の親睦を図るイベントの企画・実行を行っています。

日本電産グループでは「100年を超えて成長し続けるグローバル企業」をビジョンに掲げております。今後、ビジョン達成には時代の変化に合わせた変革、発想の転換による飛躍的な生産性の向上が求められます。
我々を取り巻く社会環境はこの数年で目まぐるしく変化しております。今後、我々が成長を続けるためには、社員一人ひとりが「Nidec Way」を意識し、「3P(Proactive, Productive, Professional)」人材となることが必要です。
その為に親睦会では、社員一人ひとりの声を聞き、会社と協働して社員満足度を向上させる施策を行っています。例えば、各拠点に設置した意見箱で、会社・職場などに対する意見を吸い上げやすくしています。働きやすい職場環境づくりに励み、そして社員にとって働きがいのある職場にするべく、積極的に活動してまいります。

2022年度親睦会本部会長 小栗洋子

社員満足度調査の実施

親睦会活動の一つに、年一回実施する「社員満足度調査」があります。本調査は当社で働く社員がどのような思いを持っているのかを統計的に把握するために実施するもので、調査を通じて社員から寄せられた声は、先述の社員満足度向上委員会で親睦会から経営陣に報告を行い、改善が必要な内容はその提案を行っています。親睦会からの提案は会社方針、人事施策、各職場でのマネジメントなどに活かされています。

2021年度は「親睦会の変革」をスローガンに掲げ活動を行いました。過去の社員満足度調査の結果を分析し、例年従業員が高い関心を示している職場環境改善に関して、これまでの即時的な対応に加えて、継続的な改善活動を実現するPDCAサイクルの構築を目指しました。結果として、親睦会だけでなく業務部・総務部・人事部が連携して、各事業所が抱える職場環境の課題を抽出し改善活動を行う仕組みを構築することができました。2021年度末に実施した社員満足度調査の結果では依然として従業員の職場環境改善への関心が高いため、2022年度は「変革活動の漸進」をスローガンに、構築した仕組みを根付かせていけるよう引き続き職場環境改善に注力していきます。

2022年度親睦会本部副会長 谷川雅一

ハラスメント防止

コンプライアンスの観点から、2010年度より「ハラスメント規程」を制定し、社員からの相談を受ける窓口を人事部内に設置しています。 また、2019年度にはコンプライアンス室(現法務コンプライアンス部)による「コンプライアンスセミナー」を全グループ社員に実施し、管理職・非管理職別の座談会を通じて各職場のハラスメント防止、コンプライアンス遵守のための工夫や課題を共有しました。今後も、法令リスクを生むハラスメントの防止に努めていきます。

Nidec Group Search