ソリューション事例

電動バイク用モータ

NEEDS
電動バイク用モータのトラブルをなくしたい
SOLUTION
多種多様のモータを手掛けてきたNIDECのノウハウにより競争力のある高品質モータを提供

数千万台規模の中国市場で勝負できる品質

日本国内でも配達用途などで広がりをみせている電動バイクですが、中国ではすでに数千万台レベルの市場が形成されています。都市部では、日本国内で原付に分類される小型バイクはほぼ電動に置き換わっており、シェアリングサービスなどで利用されているのも、ほとんどが電動バイクです。カーボンニュートラルの観点からも、今後世界的に急拡大が見込まれている電動バイク市場に向けて、NIDECでは駆動用モータのラインナップを充実させています。

電動バイクのモータには、車体中央に搭載するセンタータイプ、駆動輪の側部に配置するサイドホイールと駆動輪と一体となったインホイールタイプがありますが、小型車が多い中国市場ではインホイールモータが中心。NIDECでは車体サイズや出力、バッテリー形式に合わせてモータの選択肢を用意しています。

競争の激しい中国市場ではコスト優先で品質に問題のあるモータもあり、それに起因するトラブルも少なくありません。モータの発火や水漏れ、振動やノイズの増加などの事例が報告されていますが、NIDEC製のモータは品質を評価され、高価格帯の車両に採用されています。

品質を裏付けているのは、精密小型モータからEVの駆動モータシステムなど多種多様のモータを手掛けてきたNIDECのノウハウです。特に競合メーカーに対してアドバンテージとなっているのが、生産工程における徹底した品質管理。巻線のプロセスから、センサーによって発熱を感知し電流をコントロールする構造などをトータルで管理することで、品質のバラつきを抑え、トラブルを防止しています。

製造されるモータは全数検査を実施。検査と要となる製造工程をオートメーション化することによって、コストの上昇を最小限に抑え、競争の激しい市場においても競争力を持った価格を実現しています。オートメーション化の導入は、トラブルの原因に直結する要所に絞り込むことで、コスト増を最小としながら高品質を達成。多くのモータを生産してきたNIDECならでは知見が反映されたものです。

中国の電動バイク市場は成熟段階に達していますが、今後は他の地域でも導入が進むことは間違いありません。直近では、インド市場の伸長が顕著で、インドネシアでも政府が補助金を交付するなど導入に力を入れています。

中国に比べても道路事情の厳しいインドでは、さらに高出力のモータが要求されています。NIDECでは今後さらなる成長が見込まれるインド市場において、生産拠点を構築し、よりダイレクトに現地での要求に対応できる体制を整えています。

電動バイクの世界では後発ながら、競争の激しい中国市場において競争力や評価を得ているNIDEC製のモータ。その技術力を活かして、NIDECはカーボンニュートラルに貢献するとともに、世界の電動バイク市場をリードしていきます。

関連する記事・コラム

ソリューション事例

NIDEC Group Search